美味しいチョコレートを作ってみたい

ホワイトチョコレートは、とても美味しいですね。黒い普通のピュアチョコレートに比べると色は白く、食べた感じもホワイト独特の甘みと香りがしますね。私が食べた感じですが、ちょっとネットリとした口当たりのような気がします。甘党の私は当然ですがピュアチョコレートでもホワイトチョコレートでも、どちらも好きです。家に置いてあったら自然と手が伸びてしまいます。

テンパリングの方法は、チョコレートを溶かすときの温度は50度から55度、溶けたチョコレートの温度を下げるときの温度は26度、最後に温度をまた上げるのですが、そのときの温度にも注意を払って30度から32度くらいにすることが重要です。

これがホワイトチョコレートの場合だと、溶かすときの温度は40度から45度くらいがいいそうで、下げる温度としては24度が適しているそうです。ピュアチョコレートのときが26度でしたから、それに比べると下げる温度もさらに2度、低いのですね。黒いピュアと白のホワイトの間にミルクチョコレートがありますが、ミルクチョコレートの場合は25度に下げるのが適しているということで、順番にホワイトは24度、ミルクは25度、ピュアは26度という、テンパリングをするときの下げる温度の並びになるそうです。掛け算の九九のように覚えてしまえばよさそうですね。

そして、忘れてはいけないこととして室内の温度が大事で、室内の温度は22度くらいがベストなのだそうです。他のことも大事ですが、下げるときの温度が使うチョコレートの種類によって細かく決まっているのですね。ここさえ守れば、安いチョコレートがキレイな口どけのいい、なめらかなチョコレートに生まれ変わってくれるというわけですね。これは一度、テンパリングをしたチョコレートを食べて知っておく必要がありそうですね。

貴方の手先が器用になる方法をご紹介します。

絵を描く事や料理が上手な人、楽器を弾いたり、手作りでぬいぐるみやアクセサリーを作る人など、手先が器用な人達にはとっても憧れます。実はアレで遊ぶだけで簡単に手先が器用になるのです。今日は私が、手先が器用になる方法をご紹介します。

初めに、手先が器用になる遊びと言えば「プラモデル」です。アニメのロボットや船、バイクや車など、作っている時も楽しく、完成した時の達成感は非常に最高です。

組み立てる事に集中していると手先が自然と器用になり、慣れると塗装やカスタマイズをして、オンリーワンのプラモデルが完成します。ですが、他にも手先が器用になる遊びがあります。プラモデルの効果は、作ることで集中力や記憶力を鍛えることができます。

自分は不器用だからと諦めずに挑戦しましょう。集中するとストレスが軽減しますよ。

ただし、無理してプラモデルを作っていると逆にストレスを抱えてしまいます。

それは「折り紙」です。少し地味と思うかもしれませんが、これが意外とおもしろく、久々に遊ぶとすごく楽しいです。鶴やカエルなどの動物を作るのが定番ですが、一番は文字の形に切り取ってメッセージカードや切り絵で、言葉では伝えにくい事を伝える時にお勧めします。折り紙も根気強く時間をかけてやることで、集中力や記憶力が鍛えることができます。

手先が器用になる方法をご紹介しましたがいかがでしたか?どれも遊びながら楽しく手先が器用になれるので、貴方も遊んでみませんか?嬉しい事をその手でたくさん掴みましょう。

読んでいただきありがとうございました。