ネット回線の接続に必要なものを紹介します。 

新生活が始まり自宅から初めての一人暮らしになる、または引っ越しをするとネット回線をどうしようか気になりますよね。

これまでは、あまり意識をせずに、ネットを使用していたら戸惑うのも仕方がないです。

今回の記事ではネット回線の接続に必要なものを紹介します。

ネットに必要な2つのものについて

1.ネットに接続する回線とプロバイダ

2.ネットを利用する機器

http://www.asociacionfadam.org/

詳細は下記から解説していきます。

まず、ネットをするためにも家に回線を通す工事が必要です。

またネット接続会社のプロバイダと契約をすることが基本です。

工事にもお金がかかり、回線使用料とプロバイダ料金も月々かかります。

ネットを利用する機器について

ネットに接続するためにも、ネットに接続する機器が必要不可欠になります。

ネットを使用する機器はタブレット、パソコンやゲーム機やスマホなどです。

無線LAN接続用のルータがあった方が役立つ

自宅内のどこからでも使用したい場合は無線LAN用のルーターがあると便利です

固定回線の場合は、LANケーブルが引いてある場所のみにネットが使えます。

もし自宅内のリビングや自室など複数の場所でネットを使いたいという場合は、自宅内を無線LAN化することをすすめます。

無線LAN専用のルーターを取り入れることで快適にネットが使えるようになります。 

内ももダイエットで太ももの間に隙間を作りたい!

私がずっと願っていること、それは太ももの間に隙間を作りたい!ということ。

ワンズアップは評判以上?

24歳で第一子、27歳で第二子を産んでから10年、どんどん体重は増していき、子育てのハードさから脂肪だけでなく筋肉までモリモリついてしまうようになってしまいました。

前太ももの張りがとくに酷く硬い筋肉と厚い脂肪に覆われているようです。どうやら立っている時の足への体重のかけ方によって前太ももの筋肉は発達するそう。しかもこの筋肉はよく使う部位なので、ダイエットのためにトレーニングをすればするほど張り出してパンパンに、という悪循環もあり得るのだとか。

それを解消するのが、内ももの筋肉を鍛えること。立ち方のバランスを変えたり、内ももに効くワイドスクワットを行ったりして内ももからスッキリさせていくという方法です。内ももを鍛えることによって立つ時の重心が変わり、前太ももの筋肉への負荷を減らして、いずれは太ももの間に隙間ができるという夢のプロセスです。わたしもここ一ヶ月ほど挑戦しています。残念ながら体重は変わったようには見えないのですが、太ももの間が少し余裕が出てきたような気がします。立つ時の重心は、前太ももではくかかと側に、ワイドスクワットは1日30回程度の微々たるものですが、それでも少しずつ効果らしきものが見えてきているのでこのまま続けようと思います。