初めての「自転車」チャレンジ

保育園の年中に進級した娘に、誕生日で自転車をプレゼントしました。http://www.pikestrikesweden.com/

最近は、ディーバイクという足でこぐ自転車が流行しているみたいで、燃焼までは足漕ぎだけの自転車を乗ってもらい、そろそろいいかなとパパと話し合って自転車を購入することを決めました。

同じ自転車のメーカーなら安心と、サイクリングショップでディーバイクの自転車を進めようとしたら、娘は「嫌」!と拒否。

そのまま、娘が「これがいい!」と言ったのは、ディーバイクではなくディズニーの可愛いピンクの自転車でした。

ちょっと心配でしたが、娘がどうしてもというので購入。

そして、いざ自転車トレーニングを始めました。

最初は補助輪付きで、こぐことに精一杯だった娘。3か月すると、こぎ方のコツを覚えて楽しそうに自転車に乗っていました。

そして、そろそろ走行が安定したところで、補助輪を外して特訓。

もちろん、最初は誰もが想像できるほどに自転車ごとこけてしまう毎日。見ているこっちも胸が苦しくなりました。

涙を流し、膝をすりむいて頑張っている娘と一緒に練習を頑張りました。

そして、6か月たったころに、手を放して走ることができた娘。あの時の笑顔と「乗れた!」と喜んでいる姿は一生忘れることはないでしょう。

驚いたのは、娘が補助輪を外してから乗れるまで練習を「嫌だ」と言わなかったこと。それほど自転車がお気に入りだったのかと、娘の心身ともに成長する姿を実感できました。

これからも、こうした課題に取り組んでいく娘の姿を一緒に支えていけることに、嬉しさと幸せを噛みしめていきたいなと思いました。

パパは、「いつまで一緒に入れるんだろう……」と、ずっと先の娘の将来を不安視していたのは、娘が結婚する時までの秘密にしておきます。

長男が中学時に不登校になり、3年間引きこもりました

 私の子育てで苦労した体験は長男の不登校です。長男の上には5歳違いの長女がいますが、長女の子育てに比べると、長男は幼少時から育てにくい息子でした。性格の特徴は既に2歳の時にはかなり強く表れていました。

プラステンアップαで得る効果

 息子は頑固な性格で一度言い出したら曲げない強固な頑固さで、息子の異常な頑固さに悩まされることが多々ありました。それでも、息子は中学1年生までは特に学校でも問題がなく、友人も多くて明るい性格でした。

 しかし、中1の3学期に引っ越しのために転校をした時から徐々に不登校になっていきました。担任の先生やクラスメートが家を訪問して登校を促してくれても、全く効果がない状態で、不登校の原因をいくら聞いても答えませんでした。

 担任の先生はいじめ問題もないと言っていましたし、クラスメートの情報からもいじめはないと思いたいのですが、結局は分からないまま、ズルズルト不登校が続きました。それでも、週に数回は通うことがありました。その際は、私は息子の行動を遠くから見守る形で、学校へ行けた日は良かったと心の中で喜んでいました。

 そして、高校受験の3者懇談には息子は参加しましたが、自分が希望する高校を担当の教師から難しいと言われてから、一切学校へ行かなくなりました。
 そして、様々な紆余曲折がありましたが、3年遅れて高校を受験し、その後は専門学校へ入学して、今は1人暮らしをしながら7年間病院で勤務をして、自立することができました。