ネット回線の接続に必要なものを紹介します。 

新生活が始まり自宅から初めての一人暮らしになる、または引っ越しをするとネット回線をどうしようか気になりますよね。

これまでは、あまり意識をせずに、ネットを使用していたら戸惑うのも仕方がないです。

今回の記事ではネット回線の接続に必要なものを紹介します。

ネットに必要な2つのものについて

1.ネットに接続する回線とプロバイダ

2.ネットを利用する機器

http://www.asociacionfadam.org/

詳細は下記から解説していきます。

まず、ネットをするためにも家に回線を通す工事が必要です。

またネット接続会社のプロバイダと契約をすることが基本です。

工事にもお金がかかり、回線使用料とプロバイダ料金も月々かかります。

ネットを利用する機器について

ネットに接続するためにも、ネットに接続する機器が必要不可欠になります。

ネットを使用する機器はタブレット、パソコンやゲーム機やスマホなどです。

無線LAN接続用のルータがあった方が役立つ

自宅内のどこからでも使用したい場合は無線LAN用のルーターがあると便利です

固定回線の場合は、LANケーブルが引いてある場所のみにネットが使えます。

もし自宅内のリビングや自室など複数の場所でネットを使いたいという場合は、自宅内を無線LAN化することをすすめます。

無線LAN専用のルーターを取り入れることで快適にネットが使えるようになります。 

契約していたネットがとんでもなくポンコツだった話。

新卒で初めて一人暮らしをした時のことです。洗濯機や冷蔵庫など一通りのものを揃えたあと、この際ついでだしネットも通しちゃおうとインターネットを契約しました。

ドコモ光からビッグローブ光への乗り換え料金は?

家電量販店の店員さんがいくつかの会社の色々な契約プランを提示してくれましたが、結局何がいいのかも、それがいいのか悪いのか基準もわからず早く終わらせたくて契約をしてしまいました。最初はたまにネットを使う程度で気にはならなかったのですが、コロナ禍で映画やYouTubeを頻繁に見るようになった時、おやおや・・・?

何故かすぐ画面がガビガビになり、動画が止まる・・・。不安になり契約書を見直したところある一定のデータ量を超えるとまさかの三日間低速になることが判明。自分の知識不足ですし話をきちんと聞いていなかったのが問題ですが、こんなすぐに低速になってしまうなんて・・・!

10GBってこんなものだったのか・・・とショックを受けました。ネットに詳しい友人に聞くとデータ量無制限で私より安い金額で契約を結んでいました。解約しようにも、いつも繋がらないコールセンター、そして高い違約金。結局払い続けるより解約してテザリングした方が安く済みますし、傷が浅いと思い、なんとか解約しました。インターネット契約はもっと慎重にやらないといけないなとしみじみ思いました。