ニキビと闘う日々。

私の肌の悩みは、ニキビです。【本音口コミ!】ととのうみすと

小学6年生の頃からおでこにでき始め、高校生になると頬から顎まで顔中にできるようになってしまいました。

最初の頃はすぐに良くなるだろうとたかを括っていましたが、周りの友人は肌が綺麗なのに自分は一向にニキビ肌が良くならず、人と話す時も自分の顔を見られるのが恥ずかしくて目を見て話すことができずにいました。

何度か皮膚科にも行き処方された飲み薬、塗り薬を服用することもありましたが、薬がなくなるとまたニキビができてしまうの繰り返しで、いつしか「皮膚科で診てもらったら治る」という希望すらもなくなってしまいました。

食事にも気をつけていて適度な運動もしている。美容雑誌に書いてあるスキンケアも試しているのに、どうしていつまでたっても肌がボロボロなんだろう…。改善策が全くわからないまま、日々を過ごしていました。

だけど、ある時から途端に肌の調子が良くなりました。それは大学生になってからのことです。

特別スキンケアを変えたわけでもなく、1日の生活リズムが大きく変わったわけでもないのですが、ニキビが1つか2つできるかできないかぐらいまでに肌改善しました。

今になって思うのが、私の場合「心の状態」が肌に出ていたのかなと思います。中学、高校時代は友達との関係に悩まされたり、競争社会の中で知らず知らずのうちに心が疲弊していったのかもしれません。大学では好きな場所で好きな人と好きなことができてとても「自由」を感じていました。それが肌の調子を好循環に変えてくれたのだと思います。

今、肌について悩んでいて色々と試しても効果が出ない人がいたら、ぜひ心の調子を見つめ直してみてください。そして、自分のための時間を作ってあげてください。

ハッピーでいることが、美肌の近道です。