屋外での運動による肌へのダメージ

最近、自粛生活による運動不足が気になりウォーキングやハイキング、軽い登山などに挑戦しています。ステイホームにより、体脂肪がみるみる増えた体は、運動をはじめてから少しずつ減ってきています。この調子で、軽い登山から徐々にステップアップしていきたいと思っております。

アスハダを3ヶ月間使った効果

ただ、この運動による弊害が気になってきてしまいました。それは肌へのダメージです。元々日光に弱い肌質で、日焼け止めを塗らないと必ず痒くなってしまうのです。少しだからいいかと、ドライブに一時間ほど出掛けた時でさえ、痒くなってしまいました。日焼け止めを塗れば良いじゃないかと言う人もいます。しかしこの暑い季節だと、汗が出るのは必至です。せっかく塗った日焼け止めも流れてしまい、また汗を拭う時に一緒に拭き取ってしまうのです。

肌を出さなければいいかと、長袖長ズボンで挑戦してみたら、痒くはなりませんでした。しかし、マスクも着け、全身ガードすると熱気がこもってしまいます。すると熱中症や熱射病の危険が出てきてしまいました。倒れてしまうくらい体調不良になるなんて、健康も何もありません。

はたして、屋外での運動時に肌を守るためにはどうしたらよいのでしょうか。どうか教えてほしいです。